1日で法人化 法人成り.com

合同会社設立QA

合同会社設立費用

合同会社設立のために必要な書類を教えて頂けないですか?

合同会社設立必要な書類は下記の通りです。

 ・合同会社定款

 ・就任承諾書

 ・本店所在地、代表社員及び資本金決定書

 ・資本金の額の計上に関する証明書

 ・払込証明書

 ・登記申請書

 ・印鑑証明書

 ・別紙

 ・印鑑届書

 お客様に用意していただく書類は以下の通りです。

 出資者/取締役の個人の実印の印鑑証明書
 ※両方を兼ねる場合は2通必要です。

 2、出資者個人の口座(ネットバンキング可)
 ※現在ご使用中のものでも構いません。

 3、会社登録印

合同会社の社員は1名でも問題ないでしょうか?

社員は1名でも問題ありませんし、法人も社員になることができます。


どのようなケースで、株式会社ではなく合同会社を選択した方がよいのでしょうか?

LLC(合同会社)も日本では始まったばかりの制度です。当然一般の方の認知度・信用度もまだ低いものとなっています。
そのため、合同会社よりは株式会社の方が知名度が高く、信用力も高いといえるでしょう。 それゆえ、実際の事業を行わない、不動産投資・FX投資による節税のためならば、信用を考える必要がないLLC(合同会社)を設立するというのがよいでしょう。

また、設立費用を掛けたくない場合は合同会社を設立するというケースも考えられます。


どのくらいの期間で合同会社の設立手続は完了しますか

最短で、2.3日で設立可能ですが、余裕をもって2週間から3週間をみていただくとよいと思います。なお、設立からさらに1週間で登記簿謄本が受領可能になります。







当事務所では、法人設立の相談・手続き代行を受付けております。
まずは【電話による無料相談】で不安を和らげてみませんか

TEL : 045-228-7445
受付時間 : 9:30~18:00(土日祝日は除く)

行政書士は法律上、守秘義務があるため、お客様の秘密は厳守致します。
メールによる相談はこちら → メールフォーム



画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional