1日で法人化 法人成り.com

仕事への思い

SiteNavigator

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

仕事に対する業務方針は下記をクリック

 →最適な会社を作るには、提案と意思確認。特に意思確認が重要

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以下、起業家と起業家支援に対する私の熱い思いです。

  → 熱い思いはこちらをクリック

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

所長のプロフィールはこちら

  → 所長プロフィール

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




【法人設立という仕事への思い

当社の利益目的・売上げ確保の目的で法人設立をむやみにおすすめすることははやめました。

法人化をやめた方がよいと私が直感で思った場合、その旨正直にお伝えします。

私自身、前職での最初の一件目の法人設立は、税理士の紹介案件でした。

なんとか法人化してほしい。
ほとんど時間がない状況。

依頼者の依頼通りに、ミスなく正確にそして、早く法人化手続きを行いました。

依頼者にもそれはそれは感謝していただきました。

その時の私は、単に依頼者の希望以上の仕事で
ミスなく早く正確に法人設立手続きを完遂できました。
ほっとしました。



しかし、法人設立してから半年後、、、、


お客様がおっしゃったんです。

「法人って、デメリット多いね。。。。」

「社会保険料ってこんなに高いの?国保は法人化したら使えなくなるんだ・・・このままだと、ハローワークでの求人もできなくなるし余計な求人コストがかかるね。。。」

青ざめたと同時に、
それは税理士さんと話してたんじゃないの????と思う始末。


ここで私は肝に銘じました。


法人設立手続きを「ミスなく早く正確に」は当然のこと。

私、自身法人化する際には、
社会保険・生命保険・税金・行政手続きコスト等様々な
ことをじっくりじっくりじっくりじっくりじっくりじっくり
じ~~~~~~~~~~~~~~~~~っくり
検討する時間を持とうと考えました。
(法人化のメリットありと判断した場合、1日で法人化を行うことはもちろん可能です。)


私の事務所では、法人化の素晴らしさ・法人を作ることの素晴らしさだけを説明してむやみに法人設立をおススメすることをやめました。

たしかに、法人化をすすめれば私たち行政書士にとってはビジネスになります。

法人設立代行・その他各種手続き代行によって報酬が入ります。

しかし、その人の人生にとって法人設立というのは一生に一度です。


行政書士が手続きではなく、法人化というものを緻密に分析し、緻密なアドバイスをすれば世の中の失敗する法人化はかなり減るのではないかと考えます。


そして、必要のない法人設立手続き代行を減らせば、
上記のお客様も減るのではないかとと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

所長のプロフィールはこちら

  → 所長プロフィール

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional